日本人 チンポ 平均

Image Replacement

日本人のチンポの平均値

日本人のチンポの平均値

日本人のチンポの平均データについては、これまで数多くの統計がとられてきました。 整形外科の平均データをはじめとする医療機関のデータや、インターネットなどを利用したアンケート方式のデータであったりと、日本人のチンポの平均データは調査場所も測定方法もさまざまな方法がとられています。

しかし過去に測定された多くの日本人のチンポ平均データを比較してみると意外にチンポの統計データには誤差が少ないことに気が付きました。 どのチンポの平均データを見ても日本人のチンポサイズは、ほぼ同じ平均データなのです。

複数の調査による日本人のチンポの平均データを集計すると次のような平均データになります。※測定値はチンポ勃起時のデータです


【日本人のチンポの平均データ】チンポ勃起時

★チンポの長さ平均データ:“14センチ”
★チンポのサオ幅平均データ:“4センチ”
★亀頭幅の平均データ:“4センチ”


各統計データを集計すると日本人のチンポの平均データはこのようになりました。
あなたのチンポは平均データと比べて大きいですか? それとも・・・・


またこれらの平均データでは、チンポの長さを測る際にはある基準を設けています。 本来チンポは、サオの付け根部分から測る方法が一番理想的な測定方法なのですが、統計の場合の測定基準は、チンポの付け根部分ではなく、さらに定規を押し込んだ箇所にある「恥骨」(ちこつ)に定規を押し付けて測定する方法が、最も多く利用されている測定方法です。 この測定方法では、体脂肪の有無に関係なく平等にチンポの長さを測定できる為、正確で信憑性のあるデータを収集するには一番適した方法です。 

恥骨(ちこつ)はチンポの付け根に定規をあてて、グゥ〜ッと押し付けてみるとわかります。 つまりチンポの付け根より定規を押し込んでいったとき、それ以上奥には入らない限界の場所が恥骨に当たった場所です。 当然ですが、太っている方は脂肪の厚みがある為、恥骨位置が奥になります。一方、痩せている方は脂肪が薄いので恥骨までは1センチ程度しか定規を押し込んでも入りません。

本来チンポは見える部分のみを測定するのが一番良いのですが、どうしても測定の際に誤差がでてしまうので、チンポの長さを測定する場合は、恥骨から亀頭先端までの長さを基準に測定しています。 

ここで自分のチンポは平均より小さいと焦った方も、ほっとしているのではないでしょうか? チンポの長さを測るときは定規を恥骨に当たるまで押し込んで測ってみてください。


次に日本人のチンポの平均データを知ったついでですから、さらに大きな極長チンポを持つ日本人の統計も掲載しておきますのでご参考ください。

この統計データは、エクササイズメソッドオール運営者が実施した1500人のネットアンケート調査の結果を引用させていただいております。

【日本人のチンポデータその他】
■チンポ長さ:12センチ〜14センチ未満:32%
■チンポ長さ:14センチ超〜16センチ:27%
■チンポ長さ:18センチ以上:6%
■チンポ長さ:20センチ以上:3.7%


100人いればその内6人が18p以上のチンポを持つ巨根の持ち主ということになるのですから日本人男性のなかにも大きなチンポの持ち主は居ます。 ちなみに、日本人の平均チンポデータをはるかに超えて、世界基準をクリアしている20センチ以上男性は、3.7%という結果になっています。


つづいてチンポのサオにあたるシャフト幅ですが、3センチ〜4センチの人の割合が41%と一番多く、次いで多いのが、4センチ超〜6センチの37%の割合です。 横幅7センチ以上という「超極太チンポ」をお持ちの日本人は、全体の4%と報告されています。

長さ20p・太さ6pの超極太長寸チンポというと、500mlのペットボトルとほどんど同じ大きさですから度肝を抜いた日本人ばなれしたチンポです。 こんなに大きくても、挿入できるのでしょうか?


せめて17センチあれば・・・・

自分に自信が持てるかも知れません!
彼女が満足してくれるかも知れません!
なにより人生が変るかも知れません!


チンポを大きくしたい男性の願望は、女性でいうならばバストアップと同じです。