PC筋 鍛える

Image Replacement

チンポを鍛える PC 筋トレーニング

チンポトレーニングで鍛えるPC 筋トレーニング

チンポトレーニングで鍛えるPC 筋トレーニング

チンポの増大に非常に重要なものはチンポへ流れるの血流の量を変えることです。 チンポの成長と増大効果を促進するためにも、チンポを鍛える増大トレーニングでは「チンポへの血流アップ」を意識したトレーニングを基本として重要視して実施していく必要があります。

しかし、チンポを鍛えてチンポを増大させるために血流アップトレーニングを行なうだけでは、勃起時の硬く張りのあるチンポに成長させることは出来ません。 そこでお薦めしたいトレーニングがPC筋トレーニングです。 チンポを鍛えるトレーニングと併用して実施することをお薦めしたい勃起力強化のチンポを鍛えるトレーニングです。 PC筋トレーニングで勃起力も同時に強化することで、「大きく」「太く」「硬く」「張りのある」チンポに成長させるのです。 

具体的に勃起力を強化するPC筋トレーニングとはどのようなトレーニング法なのでしょうか?


PC筋トレーニング法
PC筋は(Pubococcygeal Muscle)恥骨尾骨筋(ちこつびこつきん)と言われる筋肉です。わかりやすくいうとPC筋は、「射精コントロール」「おしっこを止める」ときに使用される無意識でも働く筋肉です。 普段は意識して鍛えることはない筋肉なのですが、このPC筋を鍛えることによってチンポの勃起力を最大に強化することが出来ます。 


■PC 筋を鍛えて勃起力を最大強化する
まずチンポの勃起力というのは「血流の強さ」に比例して大きくなったり小さくなったりします。
チンポへの血流がパワフルなら勃起力もアップしますし、チンポに流れ込む血液量が多い体質に改善させることで、チンポ増大効果も高まります。 このPC筋を日頃から鍛えるトレーニングを併用して勃起力をさらに強化させると、パワフル感あふれた血流みなぎる最大勃起したチンポを作り出すことが出来るという訳です。


チンポの勃起力を高めチンポを鍛える為にも、日常生活のなかでいつでも、どこでも出来る手軽なコンディション作りとして「PC筋トレーニング」を是非、取り入れてみてはいかがでしょうか。(とても感単です)

■PC筋トレーニングのやり方(方法)
肛門をキュッと締めるとあなたのチンポがピクッと持ち上がりませんか? その時に反応する筋肉がPC筋です。 またキュッと締めた時に、玉袋と肛門を繋ぐラインを手で触ると筋肉が動くので、PC筋の場所はすぐに分かると思います。 お尻の穴をキュッと締める筋肉は「肛門括約筋」といいますが、PC筋はその肛門括約筋と繋がって連動していますので、お尻の穴を締めたり緩めたりする事で、PC筋が自然に鍛えられチンポへの血流アップ効果と勃起力アップが強化され、血流と勃起コントロールが出来るようになります。

PC筋を鍛えると「チンポの血液流入=勃起力」が確実にアップします。

PC筋トレーニングをチンポを鍛える通常のトレーニングと併用して実施すれば、チンポの勃起力は最大に増強され、パンパンに張ったはちきれんばかりの硬いチンポになることでしょう。また、PC 筋は強化させることで射精力が強くなり、射精コントロール(早漏防止)対策にもなります。 PC筋を鍛えると、SEX時やオナニー時の気持ちよさも増す嬉しいプラス効果もあります。

PC筋トレーニングは、チンポを鍛える通常トレーニングの前後にやるとか、毎日やるとかといった決まりは特にありません。 いつでも好きな時に、チンポ増大と勃起力の強化の意味で鍛える方法として試してください。
※バレなければ仕事中でもキュッキュッと出来ますし、車の運転中でもトレーニング出来ます。

PC筋トレーニングの一番オーソドックスな「やり方」は、PC筋を、5秒間かけて徐々に締めていきます。次に締めた状態を5秒間保持します。最後に、フッと力を抜いて5秒間リラックスします。

@キュッキュッと5秒間かけてPC筋を徐々に締め付けていく

APC筋を締めた状態で5秒間ガマンする

B力を抜き5秒間リラックスする(1セット15秒)


慣れるまでは、これを毎日20セットで良いでしょう。
慣れてきたら30セットに増やしたり、締め付け方の強弱や締め付けるテンポを変えてやってみて下さい。 1ヶ月程も継続すれば、PC 筋は十分に鍛えられて、勃起力がアップしたことに実感できるまで強化されるでしょう。
 あとは毎日鍛えるトレーニングしなくても、ときどき実施する程度でPC筋の筋力は維持できます。

このようにPC筋トレーニングは15秒サイクルでやるのが効果的「やれる時にやる」「ひまな時にやる」という感覚で、毎日やることがチンポ増大にも勃起力の強化にも効果が発揮されます。

是非、チンポ増大トレーニングと同時にPC筋も鍛えて強化して下さい。